プロフィール

サチマナ

Author:サチマナ
1984・12・8、名古屋出身。
2003年大学入学、10月よりアトリエ路樹絵に通いはじめ、
現在もクロッキーなどに出没。
2005年京都市染織試験場にて手描友禅研修を受講。
2007年大学卒業と同時に吉田喜八朗氏に師事、
2009年4月に退職。

2005年より、年に一度染織技術者グループ”彩葉”(いろは)で
グループ展を行う。
2009年日本伝統工芸会近畿支部展入選。

自分で布に描いて、それを着れるなんてなんとステキなんだろう、
そう思って友禅の世界に足を踏み入れました。
いつの時代でもどんな場所にあってもけして埋もれることの無い、
そんな輝きをはなつ作品を作りたいと思います。

物を作りたい欲求はとどまることをしらず、
サチモネ名義でアクセサリーを制作。
鴨川べりで雀を愛で、チンチラを飼いたい欲求を押さえ込む日々。

そんな日々。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


<
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
20110528181611s.jpg20110528181624s.jpg
20110528181625s.jpg
今日は雨模様だけど、なんだか気分がいいし、思いたったので久々にアトリエにクロッキーに行った。
昨日、作業中に線や筆運びがのったので、その勢いが残った状態で描きたかったのもあったのです。
約一年半ぶりで、やっぱりうまくかけなかったし、感覚が中々つかめなかったけれど、なんだかすっごく描くのが楽しかった。のびのびと好きなように、思うままに描きました。
今日はすいてて場所もひろくつかえたから、これまた久々に着彩クロッキーしたり。
よく、着物なら草花スケッチの方がいいんじゃないかと言われてきたけれど。それも確かに大事なんだけど、インスピレーションをどこから受けるかなんて人それぞれでして。少なくとも私にとってこうして色々な色や線を駆使してクロッキーすることは染めにもつながっている。全部つながっているのです。改めて実感しました。
スポンサーサイト
 
気になるタイトルやキャッチコピーに出会うと、中身はしらなくても勝手に独自の妄想をしてしまう。
「同じ月を見ている」とか「ごめんよ僕がバカだった」、「ウ゛ィヨンの妻」「それから」。 自分の妄想と実物が違っていたら、不必要にがっかりしてしまう気がしてあえて見ない聞かない読まない運動をしてしまう。そして色々な妄想シュミレーションの果てに創作に繋がったりすることもある。タイトルをつけるセンスがある方をほんとうに尊敬する。いつもありがとうございます、貴重なエッセンスとしてインプットさせていただいております。とりあえず一番期待を裏切らないであろう太宰先生の本を読みます。明日から。次はサザンかな。
 
明日、9時から下鴨神社の糺の森にてフリマに参加します
手作り品とかもあるので、お時間あるかたは遊びにきてくださいね

テンションが高い色黒の友人と、テンションの低い色白の友人と、中間色のわたしの三人でおります
晴れますように
花粉マシでありますように
 
前回、ファッションショーの着物制作の時にヘビーローテーションしてたのはjazzanova.

coolでemotional,
大好きなユニットです。

で、今回は、
ACIDMANと The Corrsの予感。
ACIDMANはいつもイントロに聞惚れます。どーんと走りこんでくる感じ。
日本語の歌詞は、ついつい歌詞に気がとられて気が散るからあまり製作中に聞きません。
でもACIDMANは気にならない。
むしろのるので。

もうひとつはずっと好きなThe Corrs.
楽器の中でヴァイオリンが一番好きです。
The Corrs はロックと民族音楽がたまらないかんじにとけあっていて好きです。
聴くと動かされます。

ということで今も聴いています。なんていいアルバムなんだ!!
作品のイメージや雰囲気で聴く音楽の傾向がかわります。

↓代表曲のひとつ。



↓このインストほんといい。
 
初のクロッキー作品展、無事終了いたしました。

きてくださった皆様ほんとうにありがとうございます。
はじまるまではもう、ばたばたと大変で、あれこれ足りなかったり
反省点が多々あります。
しかしはじまってしまうとあっというま、もう終わってしまった…というかんじ。

今週土曜日はクロッキー展後初のクロッキー。
このクロッキー展が成長の一きっかけになれば…と思います。

まだまだ発展途上、どんな変化をしてゆくか、
自分でも楽しみです。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。