プロフィール

サチマナ

Author:サチマナ
1984・12・8、名古屋出身。
2003年大学入学、10月よりアトリエ路樹絵に通いはじめ、
現在もクロッキーなどに出没。
2005年京都市染織試験場にて手描友禅研修を受講。
2007年大学卒業と同時に吉田喜八朗氏に師事、
2009年4月に退職。

2005年より、年に一度染織技術者グループ”彩葉”(いろは)で
グループ展を行う。
2009年日本伝統工芸会近畿支部展入選。

自分で布に描いて、それを着れるなんてなんとステキなんだろう、
そう思って友禅の世界に足を踏み入れました。
いつの時代でもどんな場所にあってもけして埋もれることの無い、
そんな輝きをはなつ作品を作りたいと思います。

物を作りたい欲求はとどまることをしらず、
サチモネ名義でアクセサリーを制作。
鴨川べりで雀を愛で、チンチラを飼いたい欲求を押さえ込む日々。

そんな日々。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


<
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
皆川博子著作の『花闇』を読んだ。
わりと古い作品だが手をつけずにいた。
史実をベースにしたフィクションで、中々凄まじいお話なのだが、
読了後、なんともいえぬ爽やかな気分になった。しかしまだ皆川ワールドから抜け出せず、
なんとなしにふわふわした気分だ。

歌舞伎役者の澤村田之助の生涯を、彼のつき人である三すじの目線から綴ったこの作品。
類い稀なる才能と、美貌を持ちつつも、病気に見舞われ体の部分を失う田之助。
あんまり書くとネタばれになってしまうからやめておこう。でも皆川作品には度々そういう人物が登場する。
『ゆめこ縮緬』の短編にも美しい顔に熱湯をかぶり反面がただれてしまった青年や『ジャムの真昼』にも。
欠けたことによって一層その美が際立つという美学。
作品の中に皆川博子さんの一貫した美がちりばめられていて。読んでいると、その怪しく美しい世界にどっぷり
はまってしまう。描写もすばらしく豊かで細やかなので、情景や着衣、登場人物の面相などもまるで映像のように脳に入ってくる。

高校生の時に読んだ『死の泉』でどっぷりはまり、受験期にこっそり読んだ『冬の旅人』(だいぶ長編だったので)。文字の中に圧倒的な。ぶれない世界を綴る作家皆川博子を表現者として本当に尊敬する。

こういう表現者でありたいと思う。

ということで新作の一部(袖)をちらり。


DSCF3819_convert_20111013000734.jpg

スポンサーサイト
 


11歳の誕生日プレゼントに貰い、今でも大事にしているトンボの90色色鉛筆。その箱の帯に書かれたキャッチコピーが『自然の数だけ色がある』だった。

当時の私にとってデパートの画材売場は最も魅力的な場所のひとつで、どれだけでも飽きることなく、画材を見続けることができた。

外国製の水彩色鉛筆は三段式の重厚な木箱入りで200色という途方もない色数だったし、値段も小学生には途方もないものだった。ソフトパステルの華やかさや、不思議な質感。魔法の粉のような岩絵の具は使い方の想像もつかないのに所有したいという欲望はふつふつと沸き上がっていた。

だから、色事典と名付けられたその色鉛筆を手に入れても、使わずに鑑賞し、魅惑的な名前を読みあげ、想像を巡らせて楽しんだ。サボテン色、に翡翠色、象牙色、杏色や月色。色の名前ひとつひとつにお伽話がこめられているような気さえしていた。

今回、ハワイに旅してオープンエアーのレストランでサンセットを観ながら食事をした。

言い表せない無限の色が世界中を覆って、やがて夜の宵色の世界になった。椰子の木もガジュマルもまったく違う顔の樹木に生まれ変わる。ランニングするカップルは夕闇に染まり月色を纏うただの影になりやがて夜に溶けて消える。
海は宝石からベルベットの絨毯の様にその質を変えた。そしてフルートに注がれたシャンパンが一際白金色に輝いた。


変貌してゆくそれらを目の当たりにして、久しぶりにこのキャッチコピーを思い出した。

そうか、私が友禅の色に恋して、色を重要な要素として扱うに道に入ったのも納得。もう、小学生のこの時から朧げに今に繋がる道がはじまっていたのだ。

思い出した。
 
最近アレルギーその他もろもろにより停滞気味で更新が滞ってしまいました。

しかし気候もよくなってきたことだし復調していくと思うのですが、アレルギー、
いつまで続くのかな。。

先月末から友禅講習のアシスタントがはじまり、力不足を噛み締めながら、一からお勉強です。
同時進行の仕事もいくつか。

作品の原案と個展の企画も。

停滞してると見事に効率が悪くなる。
のでそこから脱出をはかるわけですが
今回はなかなか脱出しきれず。


鴨川の散歩や旅行、友人と遊ぶ。方法はいろいろあるのだけど。

今日ニュースで大震災から半年と言っていました。
解決しない問題は置き去りにされても時間はたっていく。


長短あれども人生を生き抜かねばならない。
シンプルにいることが難しい日々。


しがらみ、絆というものをぼんやり考えながら、また
今日も一日が過ぎていきます。

締め切りやばいなあ。
 
という有名な料理研究家の本を書店でみるたびになぜか、えも言われぬ恐怖感に襲われます。
なんかよくわからんのだけど怖い。

ごくたまにそんなものに遭遇します。
中身は読んだこともないし他意はまったくありません。個人的にタイトルに恐怖感
覚えてぷるぷるしてるだけです。

さて、本題。
最近スタバにめっきり行かなくなって、そのかわり珈琲をいただきたくなったらよせていただく素敵な
喫茶店があります。そこで素敵なギタリストの方とお話させていただき、もう、あきらかに素敵そうな
ライブのご案内もいただき(8月)、普段は逃げたい暑い夏も若干楽しみになってました。

私は楽器はからきしで
楽器はというと他はいろいろできそうだけど、
作品制作への執着とトリュフ豚みたいにおいしいレストランを発見する事以外
すべて人並み以下の能力でかろうじて人間として生きています。

一等好きな楽器はバイオリン。
中学生の時、一風かわったカリキュラムの母校は器楽の授業がもうけられていて
1年はヴァイオリン、2年はチェロが必修でその他ヴィオラやらコントラバス、トランペット
なども触れる環境にありました。しかし、テストの時にカエルの歌を森の木こりバージョンのような
音色で弾き、しかも弾ききったあとに講師の先生から弓の握り方からして既にアウトだと宣告され
なんかもう、ベルバラ見たいな顔で泣きながら教室を走り出てゆきたいような気分でした。

そんな感じで弾く方に心折れた私は身近にバイオリニストがいたのもありもっぱら聞く方に。
でもすっと楽器をもって弾けたらどんなに気持ちいいのだろうか。偶然あった人とのセッション、
一期一会の音楽。そんなものへの憧れは未だに強く。






そして、大学生の時に友人に触発されてお家でも練習できるかなとギターを買ったのでした。
誰にも頼まれてないのだけど、いつか誰かのめでたい席でしゅっと祝福の音楽でもひけたら。
というかmore than wordsがひきたい。vicenteみたいにかき鳴らしたい。
朝おきたら声もクラプトンに。
あるいはSTINGに!!


エモすぎる。



。。。でも諸々あり挫折。最初なんて正座のままかかえて弾こうとしていたり。
でも、話がここでようやくつながる!のですが、ギタリストの方とお話して
またちょっとづつ練習しようかなと思いました。
飾りにしといた安モンギターでもかわいそうだ。
まずは一曲ひけるように目指したい。

制作でも音楽に負けないような力をもったものを作れるようになりたい。
今は音楽の力を借りてばかりだからインスピレーションを与えれる方になりたい。

ギター練習したら両手で友禅できるようになったりして。


こんな日記のあとに。。。ですが素敵なギタリストの方とリンクさせていただきました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~taijazz/

ありがとうございます。
 
まずはこれを。


ダニエル・クレイグ主演の007、カジノロワイヤルのオープニング。
まずこの動画にしびれまくって、ダニエル扮するしぶくて、いかつめの辛口ボンドにハートを射抜かれ、
エバ・グリーンの清純でかつ妖艶な姿に魂をもってかれそうになっちゃう最高のエンターテイメント映画
だと思う。

そもそもあまり007に興味はもっておらず、ちらっとしかみたことがなかった。
それ故私の中のボンド像はこの辛口ダニエルボンドになってしまい、のちのちピアーズ・ブロスナン扮する
die another day をみたらひどく違和感を感じ、あげく途中で飽きて寝てしまった。

でもどちらかというとこのリアルな感じの007の方が例外でピアースの演じてるようなファンタジックな
007が正統のようで。


甘くてエロス全開なボンド。
でもやっぱり異端なダニエルボンドが好きなのです。拷問シーン必見。


新作お蔵入り報道以来久しくなんの情報もなく、この不景気にアストンマーチンを何台もぶっ壊すような
映画は難しいのかもしれないけど。夢をみたっていいじゃない。
早く新作がみたいのです。
そしてマリンジェットで007ごっこをしたい。

こちらはPV。ちょっとださ古めだけどなんかかっこいいこの主題歌。



どうもこういうフレーズに弱い。
007とはまったくもって関係ないけど、これのdo u remember ...?ってとこもも好きだ。大好きだ。


制作にかかせない妄想songのひとつ。
妄想しながら、来る地獄の夏におびえつつ、なんとかボンド観て乗り切りたいと思う。
早く制作開始してー。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。