プロフィール

サチマナ

Author:サチマナ
1984・12・8、名古屋出身。
2003年大学入学、10月よりアトリエ路樹絵に通いはじめ、
現在もクロッキーなどに出没。
2005年京都市染織試験場にて手描友禅研修を受講。
2007年大学卒業と同時に吉田喜八朗氏に師事、
2009年4月に退職。

2005年より、年に一度染織技術者グループ”彩葉”(いろは)で
グループ展を行う。
2009年日本伝統工芸会近畿支部展入選。

自分で布に描いて、それを着れるなんてなんとステキなんだろう、
そう思って友禅の世界に足を踏み入れました。
いつの時代でもどんな場所にあってもけして埋もれることの無い、
そんな輝きをはなつ作品を作りたいと思います。

物を作りたい欲求はとどまることをしらず、
サチモネ名義でアクセサリーを制作。
鴨川べりで雀を愛で、チンチラを飼いたい欲求を押さえ込む日々。

そんな日々。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


<
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
090827_2329~02
090827_2329~01
090827_1334~01

アトリエのお友達のお母さんにもう着ない(というか新品の)お着物をたくさんいただきました。
その一部をご紹介・・

バラの花のようなお花柄の紬。
レトロな幾何学模様のあわせ。
裏地は朱色のぼかしがはいってます。

あるようでない昭和のかわいい着物たち。

普段着につかわせていただきます★

最後の一枚は森口華弘氏の直筆の短冊です。
友人のおじいさまは染織補正をされていて、
森口氏とも懇意にされていたそうです。

達人の筆使い。
ほんとに尊敬します。
スポンサーサイト
 
好きなアーティストはたくさんいます。
また、今はまだ出会ってないけどこれから好きになるであろう
アーティストもたくさんいるでしょう。

そんなたくさんのうちの一人について。
レオン・スピリアールトはウィーン象徴主義の画家の一人です。
彼のあたりの画家は好きなひとが多いのですが、
他のフランスなどの巨匠とくらべて、あまり企画展がこないのが残念です。

スピリアールトの絵は黒がたくさん使われています。
暗いのに、やわらかい黒。
たまらなく寂しげな、絶望的な感じがするのにどこかやわらかい。
外の世界を完璧に遮断した感じがしないのです。
だから、絵の世界になんとなくなじみやすい。

私はそんな印象をうけます。
はじめてみたのは2003年。
名古屋に巡回してきた展覧会でした。

今もあのとき図録買っとけばよかったな。。。

とくやんでいます。
画集とかも日本語では出ていませんが、
おすすめです。
きっと図書館とかさがせばみれるはず。

 
20090818124615
今週は朝から関西美術院に来ています。人体デッサンブラッシュアップ…のために。まだまだベースの段階です。あと4日かけて完成させます。今回は鉛筆ですが、小磯良平のような重みと質感ある感じを目標に設定しています。
 
20090812021427
おもわず激写!
胸キュンなおタヌキ達磨をみつけてしまいました。なんとも愛くるしくみょうちくりんな…丸いフォルムがキュンです。癒されました
 
本日、京都新聞朝刊に、かけだし友禅作家として紹介していただきました。
新聞お手元にあるかた、是非ご覧くださいね。

今は草稿制作に追われております。
急がねば!!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。