プロフィール

サチマナ

Author:サチマナ
1984・12・8、名古屋出身。
2003年大学入学、10月よりアトリエ路樹絵に通いはじめ、
現在もクロッキーなどに出没。
2005年京都市染織試験場にて手描友禅研修を受講。
2007年大学卒業と同時に吉田喜八朗氏に師事、
2009年4月に退職。

2005年より、年に一度染織技術者グループ”彩葉”(いろは)で
グループ展を行う。
2009年日本伝統工芸会近畿支部展入選。

自分で布に描いて、それを着れるなんてなんとステキなんだろう、
そう思って友禅の世界に足を踏み入れました。
いつの時代でもどんな場所にあってもけして埋もれることの無い、
そんな輝きをはなつ作品を作りたいと思います。

物を作りたい欲求はとどまることをしらず、
サチモネ名義でアクセサリーを制作。
鴨川べりで雀を愛で、チンチラを飼いたい欲求を押さえ込む日々。

そんな日々。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


<
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
20110528181611s.jpg20110528181624s.jpg
20110528181625s.jpg
今日は雨模様だけど、なんだか気分がいいし、思いたったので久々にアトリエにクロッキーに行った。
昨日、作業中に線や筆運びがのったので、その勢いが残った状態で描きたかったのもあったのです。
約一年半ぶりで、やっぱりうまくかけなかったし、感覚が中々つかめなかったけれど、なんだかすっごく描くのが楽しかった。のびのびと好きなように、思うままに描きました。
今日はすいてて場所もひろくつかえたから、これまた久々に着彩クロッキーしたり。
よく、着物なら草花スケッチの方がいいんじゃないかと言われてきたけれど。それも確かに大事なんだけど、インスピレーションをどこから受けるかなんて人それぞれでして。少なくとも私にとってこうして色々な色や線を駆使してクロッキーすることは染めにもつながっている。全部つながっているのです。改めて実感しました。
スポンサーサイト
 
明日5月20日より22日までの3日間、京都市中京区夷川通寺町西入南側のidGalleryにて
手描友禅の染帯、小紋の作品展 ”華展”を開催致します。
出品は師である、伝統工芸会正会員で、伝統工芸士の吉田喜八郎氏とその弟子紙屋健一、眞鍋沙智による
一門展です。友禅独特の繊細な表現で、纏った方が”華”となるような鮮やかで可憐な帯や小紋を染め上げました。

11:00より19:00まで(最終日のみ18:30終了)
皆様のご来場心よりお持ちしております!
http://www2.ocn.ne.jp/~interdes/
075-212-0075
地下鉄東西線市役所前 11番北出口から徒歩5分


眞鍋沙智
 
明日5月11日より22日まで、六本木の国立新美術館で日本新工芸展が開催されます!私の作品も展示されておりますので関東方面の方、お時間ありましたら是非御来場下さいませ。

東京の後は6月に名古屋、7月に京都、北九州と巡回致します。また追って詳細な情報をお知らせさせていただきます。

眞鍋沙智
 
まずはこれを。


ダニエル・クレイグ主演の007、カジノロワイヤルのオープニング。
まずこの動画にしびれまくって、ダニエル扮するしぶくて、いかつめの辛口ボンドにハートを射抜かれ、
エバ・グリーンの清純でかつ妖艶な姿に魂をもってかれそうになっちゃう最高のエンターテイメント映画
だと思う。

そもそもあまり007に興味はもっておらず、ちらっとしかみたことがなかった。
それ故私の中のボンド像はこの辛口ダニエルボンドになってしまい、のちのちピアーズ・ブロスナン扮する
die another day をみたらひどく違和感を感じ、あげく途中で飽きて寝てしまった。

でもどちらかというとこのリアルな感じの007の方が例外でピアースの演じてるようなファンタジックな
007が正統のようで。


甘くてエロス全開なボンド。
でもやっぱり異端なダニエルボンドが好きなのです。拷問シーン必見。


新作お蔵入り報道以来久しくなんの情報もなく、この不景気にアストンマーチンを何台もぶっ壊すような
映画は難しいのかもしれないけど。夢をみたっていいじゃない。
早く新作がみたいのです。
そしてマリンジェットで007ごっこをしたい。

こちらはPV。ちょっとださ古めだけどなんかかっこいいこの主題歌。



どうもこういうフレーズに弱い。
007とはまったくもって関係ないけど、これのdo u remember ...?ってとこもも好きだ。大好きだ。


制作にかかせない妄想songのひとつ。
妄想しながら、来る地獄の夏におびえつつ、なんとかボンド観て乗り切りたいと思う。
早く制作開始してー。
 
気になるタイトルやキャッチコピーに出会うと、中身はしらなくても勝手に独自の妄想をしてしまう。
「同じ月を見ている」とか「ごめんよ僕がバカだった」、「ウ゛ィヨンの妻」「それから」。 自分の妄想と実物が違っていたら、不必要にがっかりしてしまう気がしてあえて見ない聞かない読まない運動をしてしまう。そして色々な妄想シュミレーションの果てに創作に繋がったりすることもある。タイトルをつけるセンスがある方をほんとうに尊敬する。いつもありがとうございます、貴重なエッセンスとしてインプットさせていただいております。とりあえず一番期待を裏切らないであろう太宰先生の本を読みます。明日から。次はサザンかな。
 


昨晩、友人から切羽詰まった感じのメールがきた。GWは31アイスクリームが31%オフになる。どうしても食べたい、食べねばならない、一緒にゆこうと。そして原色のアイスを食し舌を染めようと。何だかその様子に押され、いつでも行ける気もするが、今しか行けない気もしてきた。なら一層遠くの店舗に行こうぢゃないか。ということで友人Sは颯爽と愛車ベスパに乗ってやってきた。メットをかぶり、何とか1号2号のような様子で、ひたすら西に走る。目指すはダイヤモンドシティ。バイクの疾走感による高揚とアイスに対する興奮のあまり道を間違え松尾大社に。そのあと何とか軌道修正をし目的地に到着。あやしい誘導に怯えながら無理やりバイクを駐車し、1号2号は飛び跳ねながら一路31店舗へ。1号は志を貫きレギュラーダブルを完食。小生はそこまで人間ができておらずスモールダブルでござんした。クリィムソーダとバナナストロベリィ。1号はなんか濃ゆいチョコレィトのとチーズケーキでした。結局あまり冒険できずハイテンション原色アイスをオーダーできなかったのが若干の心残り。次回の課題です。そして今バイク後遺症で内転筋が痛いのです。


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。