プロフィール

サチマナ

Author:サチマナ
1984・12・8、名古屋出身。
2003年大学入学、10月よりアトリエ路樹絵に通いはじめ、
現在もクロッキーなどに出没。
2005年京都市染織試験場にて手描友禅研修を受講。
2007年大学卒業と同時に吉田喜八朗氏に師事、
2009年4月に退職。

2005年より、年に一度染織技術者グループ”彩葉”(いろは)で
グループ展を行う。
2009年日本伝統工芸会近畿支部展入選。

自分で布に描いて、それを着れるなんてなんとステキなんだろう、
そう思って友禅の世界に足を踏み入れました。
いつの時代でもどんな場所にあってもけして埋もれることの無い、
そんな輝きをはなつ作品を作りたいと思います。

物を作りたい欲求はとどまることをしらず、
サチモネ名義でアクセサリーを制作。
鴨川べりで雀を愛で、チンチラを飼いたい欲求を押さえ込む日々。

そんな日々。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


<
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

3月下旬より3会場で巡回して行ってきた染帯グループ展、昨日の名古屋をもちまして終了いたしました。

会期中お越しくださいました皆様、ほんとうにありがとうございました。
直接みていただき、色々な方とお話をさせていただく…貴重な経験となりました。

来年…はいよいよ個展を行えるよう、一層精進してゆきたいと思います。

より進化した作品をもって、また
名古屋でも発表したい。

さあ頑張って作りまーす。

にゃっ!
スポンサーサイト
 

華展名古屋二日め。工事がタマニキズな感じですが雰囲気がよい会場の後押しもあり、なかなか好評です。

今日は夏の着物。まだ6月ですがフライングして祖母の紗と自作の帯で在廊しています。

この紗の着物は何十年も昔のものなのに、すっごくかっこいい。色、め柄もオシャレでしかも気安い柄。まだ着物人口が多く、着物の中にちゃんと流行があった時代のものだから、すごく生きている感じが強い。今の着物は無難や定番が多くて、着物が主流だった時代と比べるとアツいものや勝負しているものが少ない。着物スタンダードができてしまってて。それは流通からみたら、売れ筋がメインだから仕方ないのでしょうけど、やっぱり突破していく生きた着物を作って、着たいと思ってもらいたい。

蚊をしばきながらそんなこと思いました。
 
明日から名古屋は橦木館にて帯展の最終巡回展示です。
配布物の印刷などの雑用で気づいたらこんな時間に。

アナログ人間なのでどうもスマートにいかず。プリンターをなだめすかし、
まだ慣れぬMacのご機嫌とりつつようやく今から帰ります。
巨大スーツケースとリュックと肩掛けカバンもって。

きっと電車で隣の人にいやがられるでしょう。
ごめんなさい。新幹線も海外の高速列車のように荷物置きスペース作ってくれたらいいのにね。
スーツケースもってると肩身が狭いのです。

染帯 小紋作品展”華展”

6/23~26日
初日は13時から19時半まで
あとは12時から19時半まで展示しております。

あ、最終日は18時までとなっております。
よろしくお願い致します。

場所 文化のみち 橦木館

http://www.shumokukan.city.nagoya.jp/
地下鉄桜通線「高岳」下車、2番出口より北に徒歩10分
なごや観光ルートバスメーグル「文化のみち二葉館」下車、西に徒歩3分
名鉄瀬戸線「尼ヶ坂」下車、南に徒歩12分
市バス「東片端」下車、北に徒歩3分
基幹バス2号「清水口」下車、南に徒歩5分
(※文化のみち橦木館に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。)

 
昨晩強行スケジュール出張から無事帰宅しました。
店舗とホテルの往復しつつも、お世話になった呉服屋さんの
おかげで下関の味覚と若干の観光も楽しめ、仕事においても
今後の活動のヒントを得る事ができました。
普段はなかなか会えないエンドユーザーの方との直接の接触は
貴重な経験です。

いくつか私の作品も嫁入りしていきました。
ほんとうに着物好きな若い女性がほんとうに一目惚れしてくださり
でもやはり呉服は値がはるので悩みつつ、翌日その方のお母様が来店されて、
手持ちの着物とあわせたところ見事にぴったり。

嫁入りが決定しました。
こんなにも惚れ込んでもらえるのは作り手冥利に尽きます。
たくさん着てもらって、いろんな時を一緒にすごしておくれ。


ほんとにもろもろ頑張ろう。
もっと精進しよう。
作品を見送りながらそう決意しました。


来週は名古屋にて展示です。
なんとか数点追加して万全の状態で展示したいと思います。





 
明日より下関に出張です。
染織作家の福村さん(辻が花)と佐伯さん(友禅)とともに㈲萬亀の
下関シーモール店にて「都の新風~染帯展~」を催します。

様々なデザインの帯をたくさん制作しました。
単衣のお着物着てお店でお待ちしております。

初下関に少し緊張しています。
荷造りもほぼ完了。

大幅な天候の乱れがないことを祈りつつ。

会場は山口県下関市竹崎町4丁目4-8 シーモール専門店街 3Fになります。
 
という有名な料理研究家の本を書店でみるたびになぜか、えも言われぬ恐怖感に襲われます。
なんかよくわからんのだけど怖い。

ごくたまにそんなものに遭遇します。
中身は読んだこともないし他意はまったくありません。個人的にタイトルに恐怖感
覚えてぷるぷるしてるだけです。

さて、本題。
最近スタバにめっきり行かなくなって、そのかわり珈琲をいただきたくなったらよせていただく素敵な
喫茶店があります。そこで素敵なギタリストの方とお話させていただき、もう、あきらかに素敵そうな
ライブのご案内もいただき(8月)、普段は逃げたい暑い夏も若干楽しみになってました。

私は楽器はからきしで
楽器はというと他はいろいろできそうだけど、
作品制作への執着とトリュフ豚みたいにおいしいレストランを発見する事以外
すべて人並み以下の能力でかろうじて人間として生きています。

一等好きな楽器はバイオリン。
中学生の時、一風かわったカリキュラムの母校は器楽の授業がもうけられていて
1年はヴァイオリン、2年はチェロが必修でその他ヴィオラやらコントラバス、トランペット
なども触れる環境にありました。しかし、テストの時にカエルの歌を森の木こりバージョンのような
音色で弾き、しかも弾ききったあとに講師の先生から弓の握り方からして既にアウトだと宣告され
なんかもう、ベルバラ見たいな顔で泣きながら教室を走り出てゆきたいような気分でした。

そんな感じで弾く方に心折れた私は身近にバイオリニストがいたのもありもっぱら聞く方に。
でもすっと楽器をもって弾けたらどんなに気持ちいいのだろうか。偶然あった人とのセッション、
一期一会の音楽。そんなものへの憧れは未だに強く。






そして、大学生の時に友人に触発されてお家でも練習できるかなとギターを買ったのでした。
誰にも頼まれてないのだけど、いつか誰かのめでたい席でしゅっと祝福の音楽でもひけたら。
というかmore than wordsがひきたい。vicenteみたいにかき鳴らしたい。
朝おきたら声もクラプトンに。
あるいはSTINGに!!


エモすぎる。



。。。でも諸々あり挫折。最初なんて正座のままかかえて弾こうとしていたり。
でも、話がここでようやくつながる!のですが、ギタリストの方とお話して
またちょっとづつ練習しようかなと思いました。
飾りにしといた安モンギターでもかわいそうだ。
まずは一曲ひけるように目指したい。

制作でも音楽に負けないような力をもったものを作れるようになりたい。
今は音楽の力を借りてばかりだからインスピレーションを与えれる方になりたい。

ギター練習したら両手で友禅できるようになったりして。


こんな日記のあとに。。。ですが素敵なギタリストの方とリンクさせていただきました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~taijazz/

ありがとうございます。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。