プロフィール

サチマナ

Author:サチマナ
1984・12・8、名古屋出身。
2003年大学入学、10月よりアトリエ路樹絵に通いはじめ、
現在もクロッキーなどに出没。
2005年京都市染織試験場にて手描友禅研修を受講。
2007年大学卒業と同時に吉田喜八朗氏に師事、
2009年4月に退職。

2005年より、年に一度染織技術者グループ”彩葉”(いろは)で
グループ展を行う。
2009年日本伝統工芸会近畿支部展入選。

自分で布に描いて、それを着れるなんてなんとステキなんだろう、
そう思って友禅の世界に足を踏み入れました。
いつの時代でもどんな場所にあってもけして埋もれることの無い、
そんな輝きをはなつ作品を作りたいと思います。

物を作りたい欲求はとどまることをしらず、
サチモネ名義でアクセサリーを制作。
鴨川べりで雀を愛で、チンチラを飼いたい欲求を押さえ込む日々。

そんな日々。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


<
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
この業界に携わっていると、一日に数えきれないくらい”おおきに”という言葉を耳にします。
おはようもおおきに、こんにちわもおおきに、さようならもおおきに、電話で出るときも切る時も…

なんでもおおきに。
普通に関西人の友達達がつかうのと用途がことなるんですね。

便利な言葉です。
おおきにということばを中心に一体感すら感じます。

「あ、この業界の人だな」みたいな。
おおきにを使えばはじめていく取引先でもでもするりとなじめる
感じです。
逆に「こんにちわ」とか「おはようございます」、
「またお願いします」とか「ありがとうございましたー」

などの言葉を使っていると、そらもう、めちゃめちゃ浮きます。
何者?
素人?

みたいな眼差しを受けることもしばしば。

私は名古屋人です。関西弁の素養がなくはないのですが(片親が関西)
標準語で教育されたため、若干の名古屋弁程度のほぼ標準語。

師匠や友人の影響で発音がおかしくなることもよくありますが、そのたび
嘘関西弁と揶揄されています。

当然おおきにという言葉を使うのも抵抗ありまくりで、
仕事中に使ったことはいまだかつてありません。

どーしてもでません。
なんというか、自分が使うと気持ち悪いんですね、しっくりこなくて。

まあ無理に使う必要もないので、私なりに、ごにょごにょと言葉を捜して
立ち去ったり、入っていったりするのですが、
業界のコミュニケーションツールとしてなかなか大きな役割を担っているのですね。

いつか言う日が来るのか、こないのか。。。。
スポンサーサイト

コメント

■ CrgPDvWDKI

reVKD8 <a href="http://kgyvdmrqxavs.com/">kgyvdmrqxavs</a>, [url=http://shuuwjgfbngc.com/]shuuwjgfbngc[/url], [link=http://yhkstoytmsdt.com/]yhkstoytmsdt[/link], http://bysqovurbqii.com/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://sachimana.blog117.fc2.com/tb.php/49-5a951dc8

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。