プロフィール

サチマナ

Author:サチマナ
1984・12・8、名古屋出身。
2003年大学入学、10月よりアトリエ路樹絵に通いはじめ、
現在もクロッキーなどに出没。
2005年京都市染織試験場にて手描友禅研修を受講。
2007年大学卒業と同時に吉田喜八朗氏に師事、
2009年4月に退職。

2005年より、年に一度染織技術者グループ”彩葉”(いろは)で
グループ展を行う。
2009年日本伝統工芸会近畿支部展入選。

自分で布に描いて、それを着れるなんてなんとステキなんだろう、
そう思って友禅の世界に足を踏み入れました。
いつの時代でもどんな場所にあってもけして埋もれることの無い、
そんな輝きをはなつ作品を作りたいと思います。

物を作りたい欲求はとどまることをしらず、
サチモネ名義でアクセサリーを制作。
鴨川べりで雀を愛で、チンチラを飼いたい欲求を押さえ込む日々。

そんな日々。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


<
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


11歳の誕生日プレゼントに貰い、今でも大事にしているトンボの90色色鉛筆。その箱の帯に書かれたキャッチコピーが『自然の数だけ色がある』だった。

当時の私にとってデパートの画材売場は最も魅力的な場所のひとつで、どれだけでも飽きることなく、画材を見続けることができた。

外国製の水彩色鉛筆は三段式の重厚な木箱入りで200色という途方もない色数だったし、値段も小学生には途方もないものだった。ソフトパステルの華やかさや、不思議な質感。魔法の粉のような岩絵の具は使い方の想像もつかないのに所有したいという欲望はふつふつと沸き上がっていた。

だから、色事典と名付けられたその色鉛筆を手に入れても、使わずに鑑賞し、魅惑的な名前を読みあげ、想像を巡らせて楽しんだ。サボテン色、に翡翠色、象牙色、杏色や月色。色の名前ひとつひとつにお伽話がこめられているような気さえしていた。

今回、ハワイに旅してオープンエアーのレストランでサンセットを観ながら食事をした。

言い表せない無限の色が世界中を覆って、やがて夜の宵色の世界になった。椰子の木もガジュマルもまったく違う顔の樹木に生まれ変わる。ランニングするカップルは夕闇に染まり月色を纏うただの影になりやがて夜に溶けて消える。
海は宝石からベルベットの絨毯の様にその質を変えた。そしてフルートに注がれたシャンパンが一際白金色に輝いた。


変貌してゆくそれらを目の当たりにして、久しぶりにこのキャッチコピーを思い出した。

そうか、私が友禅の色に恋して、色を重要な要素として扱うに道に入ったのも納得。もう、小学生のこの時から朧げに今に繋がる道がはじまっていたのだ。

思い出した。
 
以前に帯展の会場でお借りした名古屋市の文化財「橦木館」がテレビにでています。
なんでも蔵の中にたくさんのお宝と、開かずの金庫があるのだとか・・・!!

何が出てくるのかな^^
 
最近アレルギーその他もろもろにより停滞気味で更新が滞ってしまいました。

しかし気候もよくなってきたことだし復調していくと思うのですが、アレルギー、
いつまで続くのかな。。

先月末から友禅講習のアシスタントがはじまり、力不足を噛み締めながら、一からお勉強です。
同時進行の仕事もいくつか。

作品の原案と個展の企画も。

停滞してると見事に効率が悪くなる。
のでそこから脱出をはかるわけですが
今回はなかなか脱出しきれず。


鴨川の散歩や旅行、友人と遊ぶ。方法はいろいろあるのだけど。

今日ニュースで大震災から半年と言っていました。
解決しない問題は置き去りにされても時間はたっていく。


長短あれども人生を生き抜かねばならない。
シンプルにいることが難しい日々。


しがらみ、絆というものをぼんやり考えながら、また
今日も一日が過ぎていきます。

締め切りやばいなあ。
 
ご無沙汰してしまいました。

最近はオーダーいただいていた訪問着の制作に追われてました。
この一週間は蝋ふせ作業。

我が作業部屋にはエアコンがないので、扇風機と居間から来るエアコンの風を
頼りに作業を続けましたが暑い事このうえなく!!生地に汗がついてはいけないので
長袖、長ズボン的な格好で作業です。こうなるとちょっとしたサウナのようなものですね。

夏は温度が高いので蝋が通りやすく、作業はしやすいのですが。。。
日中は暑すぎるので、おのずと夜に作業がはかどり、昼夜逆転がちの生活スタイルになってしまいました。
お盆の間にもとにもどさねば。。。!

しばらくデザイン画、サンプル制作、新たな表現への試みもしたいし、雑務もある。。
と追われていますが、秋にむけてあと2作作らねばなりません。

頑張ろう。

小森の甘夏かきごおりたべたいな。
 
ここ最近なんだか忙しくってわたわたしていたけれど、少し
落ち着いてきたので、予定より遅れながらも新しい着物の草稿にかかりはじめました。

普段は標準寸法で作る事が多いですが、今回はオーダーの物なので、お客様のサイズに
あわせて草稿用紙を作ります。

草稿はまっすぐ線をひいて、きちっとはかってサイズをあわせなくてはいけないので、
ずぼらな私にとってもっとも苦手意識の強い作業です。絵を描くのは楽しいのだけど。
少しのずれでとんでもないことになってしまうのです。
こういう作業していると建築とか服作る人はすごいなあと思います。

また原寸大の下絵なので広げると2帖は軽く埋まるという。
しばらく紙の上での生活になりそうです。
宵山までにはあげたい。そしてモヒートを飲みたい。

夏真っ盛り、京都で最も盛り上がるお祭りのひとつ、祇園祭のクライマックスまであとわずかです。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。